日本初“One for One”
ソーシャルドッグフード
日本で初めての、1つ購入いただく毎に施設で保護されている犬に1日分フードを寄付することができるドッグフードです。
※寄付先:ダイジョウブ。(岡山県)、NPO法人 ワン'sパートナーの会(沖縄県)
(2015年4月現在)
純国産原料と新鮮な油
無添加へのこだわり
純国産の人間用食材を新鮮なひまわり油を使って、通常の何倍もの手間と時間をかけながら無添加で「いぬものがたり」は作られています。
胃腸づくりのため
抗菌性の添加物不使用
ほとんどのドッグフードでは、「抗菌性の添加物」を使っています。善玉菌の発生を抑える抗菌性の添加物は一切使用しておりません。

最近では店頭・インターネット等で様々なドッグフードを手に入れることができます。しかし、そのほとんどが防腐剤をはじめとするたくさんの添加物を使っています。人間の体にとっても良くないものが、人間より体が小さく器官の敏感な犬にとって良いはずがありません。現に当院にかかるワンちゃんたちも、そういったことが原因の「現代病」をよく目にします。
フードの問題だけとは限りませんが、多くの添加物、粗悪な原料、柔らかい食事、アレルギー性の強い原料などがこういった症状を起こすことはよくあります。

「健康の基本は食事から」まさに人間と同じなのです。愛犬にとって健康とは何なのか。症状が出てから薬で抑える対症療法よりも、飼い主さんが根本的に健康な体を作る毎日の食事を選び、見直してあげることが大切です。

完全な無添加で、安心できる純国産原料だけで作られています。「いぬものがたり」は獣医師の立場で厳しい目で見ても本当にお勧めできるフードです。

どんなに健康に良いものだとしても、喜んで食べてくれなくては意味がありません。私も獣医師でありながら愛犬家でもあり、犬と一緒に暮らしています。我が家の愛犬も「いぬものがたり」を与えるようになってからは、食事の時間になると以前にも増して、シッポを振りながらキューンキューンと鳴きながら催促してきます!犬は人間より 10 万倍も優れた嗅覚を持っていると言われています。良いものはすぐわかるんですね。

美味しそうに食べている姿は飼い主さんにとっても至福の時間になるはずです。本当に犬の健康を考えられて作られたものであり、愛犬が美味しく食べてくれるからこそ毎日続けられ、信頼関係づくりにも役立つのです。

当院にも、施設の方が保護犬を連れて診療に来られることがあります。
少しでも殺処分を減らし、身寄りのない犬のためになればと思い、積極的に診察する機会を設けています。しかし、まだまだ処分されてしまう犬の数は多く、理解のある方による協力だけでは解決しきれない問題であることは間違いありません。

私にとっても「いぬものがたり」は夢を乗せたフードでもあります。保護犬を預かる施設にとって、寄付はとても助かるものであり、それによって1つでも多くの命が救われていきます。それが全国に広まっていけばどうでしょう?そして将来はもっと大きな流れに・・・。動物の命を守る獣医師として、そして愛犬家としても、是非みなさんにお勧めしていきたいです。

日本で初めての、1つ購入いただく毎 に 施設で保護されている犬に1日分のフードを寄付することができる、ドッグフード「いぬものがたり」です。犬たちに寄付をした結果は、随時WEB上で発信していきますので、善意が具体的にどのように活かされたのかを実感していただけます。

市場に出回る安価なフードは、人間が口にすると食中毒を起こすような原料や油、薬剤が使用されて いることも多く、「安全」という 面からはかけ離れたものだと言わざるを得ません。
愛犬の健康と長寿を願うのならば、原料からこだわることが大切です。

純国産の人間用食材を新鮮なひまわり油を使って、通常の何倍もの手間と時間をかけながら無添加で作られています。
[いぬものがたり]は人間用の良質な原材料をつかい、食材を糖質化してしまわない丁寧な製法でつくります。そのため抗菌剤を使用する必要がありません。

それによって腸内の善玉菌を抑えることなく活発に働かせることができます。犬は食物繊維や未処理の穀物を分解する酵素を体内に持たないので、腸内を活発にすることが、健康なお腹をつくるためにも大切なのです。
「いぬものがたり」は新鮮な生肉をミンチにしてそのまま混練し造粒する方法でつくられています。

通常のドライフード製造工程では、生肉を一度乾燥させ、粉にしたものを使う方法が一般的です。しかし、この方法だと工程において二度の加熱を行う必要があり、動物性油の酸化度も二倍に跳ね上がってしまいます。酸化の進んだ油を摂取することは、細胞膜やDNAを傷付けて発ガンの危険を高めたり、動脈硬化の原因にもなります。そのため一般的には酸化防止剤を添加することになるのです。

そして二度も加熱をすることによって、食材に含まれる栄養素も壊れてしまい、十分な栄養素を採ることも難しくなってしまいます。時間と手間はかかってしまいますが、低温調理でつくることは栄養確保の観点からも大切なことなのです。

犬の健康を最優先に考える『いぬものがたり』は、じっくり時間をかける低温調理法を採用することで、加熱によるリスクを最小限にし、無添加のままお届けすることにこだわり続けます。

「いぬものがたり」1パックお買い上げいただく毎に、保護施設の犬へフード1日分を寄付します。
殺処分を止めるシンボルマークでの表明。プロジェクト参加犬として、愛犬をホームページ で紹介。メディアからの情報発信等で世の中に対して命の大事さを訴えていくこと ができるようにしていきます。
動物愛護先進国のドイツには 「ティアハイム」という保護施設があります。「動物の保護と巣立ちを応援していける場所」というコンセプトを持ち、日本で機能するティアハイムとは、 どのようなものかを私たちは考えていきます。

現在、日本では年間に17万頭の犬猫が保健所や施設に持ち込まれ、そのうち年間12万頭が殺処分されています。


人は法により人権を与えられ暮らしの安寧を手にすることができており、言葉や文字によってそれを主張することができます。
しかしその手段を持たない動物は、人間の意志でペットとして迎え入れられたにもかかわらず、人間の勝手な都合で飼育を放棄され、そのまま命を絶たれてしまう現状 があります。


人と動物が上手に共存できる社会は、多くの幸福と豊かさをもたらしてくれるものです。当然その命も人間と同様に尊重され大切にされるべきだと私たちは考えます。


こうした現状を踏まえ、殺処分される動物を少しでもゼロに近づけ、より多くの「人とペットの幸せ」をつくっていく活動を行うため「Leave the nest」を立ち上げ、犬や猫をはじめとするペットが最期まで命を全うできる環境実現を目指します。


その環境とはどのようなものかを想像し、必要なものを用意していくことが「Leave the nest(リザネス)」の事業であると考えます。

送料無料!(北海道・沖縄は864円)

成分分析値

粗蛋白質 28%以上 | 粗脂肪 8%以上 | 粗繊維 4%以下 | 水分 10%以下 | 400kcal/100g

原材料

生肉(牛、鶏、馬、魚肉)、玄米粉、大麦全粒粉、魚粉、 サツマイモ、ジャガイモ、コプラフレーク、煎りゴマ、ひまわり油、
グレインソルガム、コーングルテン、 ビール酵 母、ホエイタンパク、海藻粉末、 L-リジン、脱脂粉乳、 イソマルトオリゴ糖、
カルシウム粉末、DL-メチオニン、 乳酸菌群

容量

1.0kg

与える量について

1日に与える量は下記をご参照の上、体重に応じて食べさせてください。

犬の体重 1日に与える基準量
2kg〜5kg 50g〜100g
5kg〜10kg 75g〜150g
10kg〜30kg 120g〜400g

通常のドッグフードよりも少な目に与えてください。「いぬものがたり」は見せかけの量だけを増やす「発泡」は製造において採用しておらず、少量でも栄養がギッシリ詰まっております。

フードを切り替えるときのコツ

以前まで食べていたフードにもよりますが、添加物が多く入ったものに慣れていると、犬の舌が麻痺したような状態になっており食べてくれない場合があります。またどのフードにも言えることですが、切り替えるフードがどんなに良いものであっても以前のフードに適応していた犬の胃が受け付けないこともあります。そこで時間をかけて徐々に慣らしていく方法があります。

まずは以前のものと「いぬものがたり」を4:1にして与えます。そしてしばらくウンチの様子を見てください。

「いぬものがたり」には腸内の善玉菌を増やし活発にする働きもありますので、最初は少し柔らかくなることもありますが、1〜2週間もすれば固さももとに戻りますので、そのタイミングで割合を3:2に変えていきます。

今度は3〜4日様子を見て問題がなければ、また徐々に以前までのフードの割合を減らしていってください。最終的にはすべてが「いぬものがたり」になるようにしていただけます。もしも、途中で軟便になるようでしたら、ひとつ前の段落に戻り、慣らしてあげてください。

送料無料!(北海道・沖縄は864円)

上部へ戻る